ブログ

ホワイトアスパラと生ハムのパン粉揚げ 特製タルタルソースを添えて

【材料】 4人分

ホワイトアスパラガス  4本
生ハム   1・1/3枚
大葉  4枚
卵   1/2個
薄力粉   大さじ2
牛乳   25ml
パン粉   適宜
・生ハムは1枚を横に細長く3等分にし、それを半分に切ったものを8枚作っておく。
・大葉は半分に切っておく。
【飾り用】
レモン  適宜
空豆 適宜
塩   適宜
【特製タルタルソース 】
茹で卵   1個
いぶりがっこ(みじん切り)25g
玉ねぎ(みじん切り)  大さじ1
マヨネーズ   15g
白バルサミコ酢  小さじ1
塩、胡椒  少々
和辛子   少々
※白バルサミコ酢は白ワインビネガーなどお好みのお酢やビネガーで代用できます。
※生ハムはベーコンや豚バラ肉でも代用できます。

【作り方】

~特製タルタルソースを作る~
① 茹で卵、いぶりがっこ、玉ねぎはみじん切りにし、玉ねぎは水にさらして少し置き、水を捨てて、水気を切っておく。
② ①を全てボウルに入れ、マヨネーズ、白バルサミコ酢、和辛子を加えて混ぜ、塩、胡椒で味を調えておく。

~ホワイトアスパラと生ハムのパン粉揚げと空豆の素揚げを作る~
③ ホワイトアスパラガスは皮を剥き、斜め半分に切り、半分に切った大葉を巻き、カットした生ハムを巻きつけていく。
アスパラ①④ ボウルに薄力粉を入れ、中心にくぼみを作る。
⑤ 別のボウルに溶いた卵と牛乳を加え、よく混ぜ②の作ったくぼみに加え、周りを崩すようによく混ぜ合しておく。
アスパラ③⑥ ③に①のアスパラをくぐらせ、パン粉をつけて、フライパンで180℃の油で揚げる。
アスパラ⑥
⑦ 空豆の皮を剥き、同じく180℃の油で素揚げし、揚がったら塩を振っておく。

~仕上げ~
⑧ お皿に⑥を盛り付け、②のタルタルソースとレモン、⑦の空豆を盛り付ける。

コメント

茹でたり、ソテーでいただくのが定番のホワイトアスパラガスですがフライにするとおかずにもおつまみにもお薦めのメニューに変わります。
お肉は生ハムだけですが、しっかりとしたアスパラガスを使えばボリュームも出て、ジューシーに仕上がります。
もちろん普通のグリーンアスパラガスでも作れます。
フライパンでの揚げれば油も少なくて済みますね。

今回のポイントはいぶりがっこ入りの特製タルタルソース。
普通はピクルスを入れますが、代わりにいぶりがっこを使うことで燻製の香りと心地よい歯ごたえが楽しめ、ご飯にも合います。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る