ブログ

アメリカンチェリーのコンポート

【材料】 作りやすい分量

A
アメリカンチェリー…200g
グラニュー糖 …30g

 グラニュー糖…30g
冷凍ラズベリーのピュレ…40g
水…大さじ4

※冷凍フランボワーズのピュレが無い時は冷凍のラズベリーを砕いて入れてください。

【下準備】
アメリカンチェリー洗って水気をよく切ってから種とヘタを取り除く。

【作り方】
① Aをボウルに入れてよく混ぜ合わせ、ラップをして湯せんに一時間かける。
(ラップは湯せんにかけると膨らむので綺麗にボウルに張らせてかける。)
アメリカンチェリーのコンポート④
チェリーから水分が出てきてシロップ煮のようになる。
アメリカンチェリーのコンポート⑤
② 20cmのフライパンにグラニュー糖30gを入れて薄いキツネ色に焦がし、①と冷凍ラズベリーピュレと 水を入れて混ぜ合わせ、全体を沸騰させる。
少しキャラメルの塊が残っていたら火を弱めてゆっくりと溶かし込むと良い。)
アメリカンチェリーのコンポート⑧
③ 火から下ろしてボウルなどに移し、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やしておく。

今回はフライパンで手軽にできる今が旬のアメリカンチェリーのコンポートを作ります。
湯せんは鍋を使わずにフライパンで手軽に出来ますが、湯せんのお湯が途中で無くならないように熱湯を少しずつ足して下さい。
砂糖の量が少ないのでフライパンはあまり大きいものを使うとキャラメルがチェリーに絡まりにくくなってしまうのでこの分量ですと20cmのフライパンがぴったりです。
お酒はいれていませんが、水の代わりにお好みでキルシュやブランデーなどを入れて頂くと更に風味も良くなります。
クレープやパンケーキやアイスクリームやヨーグルトにかけるのもお勧めです。
私はニューヨークチーズケーキにバニラアイスとこのコンポートを一緒に添えていただくのが一押しです!
缶詰めのチェリーとは違って旬のアメリカンチェリーの甘酸っぱさが存分に味わえて食感も残ります。
旬の短いアメリカンチェリーですのでフレッシュで頂いたあとはコンポートにして長くお楽しみください。
瓶やタッパーなどに入れて冷蔵で2週間ほどは持ちます。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る