ブログ

パンペルデュ りんごのキャラメル煮を添えて

【材料】

食パン   6~7枚
(今回は8×7㎝のパンを2.5㎝厚に 切ったものを使用)
バター   大さじ1
<アパレイユ>
全卵   180g
グラニュー糖  60g
生クリーム  50g
牛乳   160g
バニラオイル  少々
<りんごのキャラメル煮> 
りんご(出来れば紅玉の大きいもの)3個
無塩バター  20g
グラニュー糖  大さじ3
水   大さじ2・1/2
<仕上げ>   
粉糖   適宜
はちみつまたはメープルシロップ 適宜
お好みのフルーツ 適宜

 【作り方】 
<りんごのキャラメル煮>
①りんごは皮を剥いて芯を取り、8等分のくし形切りにする。
②フライパンにグラニュー糖を入れて火にかけ、全体が茶色っぽくなってきたらバターを入れて 溶かし、りんごを入れて両面をきつね色に焼きつける。
%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%bc%e2%91%a1%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%bc%e2%91%a2
③りんごの色が茶色っぽくなってきたら水を加えてふたをして弱火で5~6分蒸し煮にする。
%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%bc%e2%91%a4
④ふたを取り、シャバシャバしているようであればりんごを崩さないように箸などで ひっくり返し両面を焼き、火を強めて水分を飛ばす。
%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%bc%e2%91%a5
<アパレイユと漬けこみ> 
⑤卵を溶きほぐしグラニュー糖を加えてよく混ぜる。生クリーム・牛乳・バニラエッセンスを入れて よく混ぜ、一度ザルで濾しておく。
%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%a5%e2%91%a0
⑥バットにアパレイユ半量を入れ、パンを置く。上から残りのアパレイユをかける。 裏返しながら、バットのアパレイユをすべてを吸収させる。
%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%a5%e2%91%a2%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%a5%e2%91%a3
<フライパンで焼いて仕上げる> 
⑦フライパンを加熱し、バターを溶かしパンを置いて蓋をして4分ほど焼き、焼き色が 付いたら裏に返しもう片面も焼く。
%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%a6%e2%91%a5
両面においしそうな焼き色がついたらお皿に移す。
%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%a5%e2%91%a7
⑧お好みのフルーツや粉糖、りんごのキャラメル煮を添えてはちみつやメープルシロップ をかけて出来上がり。

フライパンで簡単にできるデザートをご紹介いたします。
パンペルデュはいわゆるフレンチトーストです。
フライパンデザートの定番ですが、焼くときにふたをして蒸し焼きにすることでパンの中に染み込ませたアパレイユに火が入り、とろけるような食感になります。
スーパーセラミックコーティングフライパンを使うと外側がカリッと焼けて中はふわふわの食感に仕上がります。
カフェのフレンチトーストに負けない味に仕上がります。
アパレイユの染み込ませ具合はお好みで。
サッとからめて焼けばパン本来の味も邪魔をせずに楽しめますしお食事にもおすすめです。一晩染み込ませて中までジュワっとさせると贅沢な味わいでデザート感覚になります。
りんごの美味しい時期ですので、是非りんごのキャラメル煮を添えて下さい。
紅玉が酸味もありお勧めですが、その他の品種でも美味しく出来ます。
温かいままでも冷たくしても召し上がれます。
このままでも美味しいですが、今回のようにパンペルデュやパンケーキに添えるとおもてなしにもぴったりです♪

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る