ブログ

いろいろネギの和風ジェノベーゼパスタ

【材料】 2人分

にんにく   1片
鷹の爪   1/2本
パスタ(1.7mm) 140g
オリーブオイル 大さじ2
下仁田ねぎ  1本
わけぎ   1/3束
上州ねぎ   1本
万能ねぎ   1/5束
ジェノベーゼ 大さじ3
(市販のもの又は手作りで)
茹で汁   50~80ml
塩、こしょう  少々
白だし   小さじ1~2
(液体の物で希釈の物)
パルミジャーノ  適宜

【作り方】  

 にんにくは包丁の背で潰しておく。
 鷹の爪は半分にし種を取っておく。
 パスタは塩を入れた鍋で表示の茹で時間より30秒位前に出し、少し固めに茹でておく。
 ネギは白い部分と青い部分とを別々にし、斜め薄切りにしておく。
 火をつけていないフライパンにオリーブオイル、潰したにんにく、鷹の爪を入れ弱火にかけて にんにくの香りが出てきたところで、ネギの白い部分を加えて炒めておく。
塩も少々振っておく。

 茹で上がったパスタもここで加えて、軽く炒める。

少し火を弱め絶えずフライパンを揺すりながら炒め、ジェノベーゼソースもここで加えて  全体を絡めておく。

 茹で汁と白だしを合わせたものも手早く加えて鍋を揺すり、仕上げにネギの青い部分を  加えてひと混ぜし、塩こしょうで味を整えて出来上がり。
好みでパルミジャーノを振る。

この時期は美味しい長ねぎがたくさん手に入るので、シンプルなネギだけのパスタですが、白だしでちょっと和を取り入れておりますので、新鮮なお味になっています。
是非いつものパスタメニューに新しいパスタとして取り入れて頂きたいです。
下仁田ねぎなどのとろりとして甘い食感が、ジェノベーゼと合わせていただくととっても美味しいです。
市販のジェノベーゼソースを使って頂くと手軽に出来ますが、バジルとオリーブオイル、にんにく、松の実などを入れてミキサーで回していただくと、手作りのジェノバソースが出来ますので余裕のある方は是非作ってみて下さい。
太目のパスタやペンネなどで作っていただくとソースの絡みが良くて、細麺よりおすすめです。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る