ブログ

牛肉と春野菜のピリ辛炒め丼

【材料】4人分

菜の花   120g(1束)
春キャベツ  芯を取り200g
スナップえんどう  8本
水   大3
塩   少々
牛肉  300g

A
醤油   小1
塩   小1/4
酒   大1
片栗粉   大1
サラダオイル  大1

サラダオイル  大1
豆板醤   小2

<合わせ調味料>  
醤油   大2 1/2
砂糖   大1/2
酒   大1
<仕上げ>  
ごま油 少々
プチトマト 1人2~3個(半割りにする)

【作り方】

① 菜の花は根本を少し切って半分に切る。キャベツは1口大に切る。スナップえんどうは筋を取り斜め 半分に切っておく。
 牛肉はAで下味をつけ、5分ほどおいておく。
 フライパンにサラダオイルを熱し、①の野菜を順に入れ炒め軽く塩をして水を加えて混ぜ、蓋をして 1~2分ほど蒸し焼きにしておく。竹串が通るまで火が通ったら一度取り出しておく。

 弱火にしてサラダオイルを加え、豆板醤を入れて炒め香りが出てきたら下ごしらえした牛肉を加え炒める。

 肉の色が変わったら、混ぜ合わせた合わせ調味料と③の野菜を加えて炒め合わせ、最後に半割りの プチトマトを加えて軽く混ぜる。

 ご飯を器に盛り⑤をのせて仕上げにごま油をかけて出来上がり。

牛肉の代りに豚肉の薄切りなどで作って頂いても美味しく出来ます。
ピリ辛なので、ご飯のお供にはピッタリですが、野菜炒めの様な感覚で丼ぶりにはせずに、そのままご飯の上にのせず、おかずとして召し上がって頂くのも良いかと思います。
お野菜を沢山取れるレシピになっております。冷めても美味しいので、お弁当のおかずなどにもピッタリです。
春のお野菜を今回は沢山使っていますが、季節のお野菜を使って頂いても良いと思います。
例えば、冬はキャベツの代りに白菜にして頂いても良いですし、グリーンアスパラやブロッコリーを入れても良いですし、色々なお野菜で試してみて下さいね。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る