ブログ

アボカドのフリット~フレッシュサラダを添えて~

【材料】4人分

アボカド…2個

A
・レモン汁…小さじ2
・塩…一つまみ

モッツァレラチーズ…1/2個
生ハム…4枚
小麦粉…大さじ5
卵…1個
パン粉…大さじ5
粉チーズ(パルミジャーノ)…大さじ5
油…適宜
レモンのくし切り…1人1個

【作り方】

① アボカドは半分に切り、種を取る。Aを全体にまぶしておく。(レモン汁は変色を防ぐとともに、パン粉をつきやすくなる為の物です)


② モッツァレラチーズを一口大に切る(8切れ)。
③ アボカドの穴の部分にモッツァレラチーズを2切れずつを詰める。   生ハムの片面に小麦粉を薄く付け、蓋をするようにかぶせる。

④ 小麦粉、卵、パルミジャーノを混ぜたパン粉の順につける。

⑤ フライパンに約1㎝位の揚げ油を入れ、170~180℃で、アボカドの外側から揚げる。 こんがり揚げ色がついたら、生ハム側を揚げる。

⑥ お皿に置き、ドレッシングで和えたサラダを盛りつけ、レモンを添える。

《フレッシュサラダ》

【材料】4人分

 グリーンカール又はサニーレタス…1/4束
きゅうり…1/4本
赤玉ねぎ…1/8個

《ドレッシング》
オリーブオイル…大さじ3
レモン汁…大さじ1
はちみつ…大さじ1
粒マスタード…小さじ1
塩・こしょう…適量

【作り方】

① グリーンカールは手でちぎり、冷水に浸し、パリッとしたらしっかり水気を切る。 きゅうり、赤玉ねぎは薄くスライスしておく。
② ドレッシングは分離しやすいのでよく混ぜる。

アボカドは、ほんの少し硬めのものを選ぶと、衣をつけやすくなりますし、崩れにくいので簡単に揚げられます。
何度もひっくり返さずに仕上げて下さい。チーズがパン粉に入っているので、焦げやすいですが、高温でカラリと揚げることがポイントです。
生でもいただけるアボカドですので、キツネ色になれば大丈夫です。
油の温度が低いと、生ハムがはがれてしまうので、注意してください。
ちょうど種をとった穴の中にモッツァレラチーズがぴったりと詰まり、生ハムがフタの役割を果たしています。
生ハムの片面に小麦粉を付けて、しっかりと押さえつけることがポイントです。
おもてなしにぴったりの、かわいらしいお料理になっています。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓

igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る