ブログ

牛肉とごぼうの炊き込みご飯

【材料】4人分

米…2合
牛うす切り肉…130g
ごぼう…130g
しめじ…1/2パック
生姜(千切り)…1片《煮汁》

A
しょうゆ…大さじ3
砂糖…大さじ1

酒…小さじ1・1/2
水…250ml

《仕上げ》

大葉またはあさつき…適宜

【作り方】

① 米は、炊く30分ほど前にザルにあげておく。
② ごぼうは皮をむき、半分に切ってから斜めうす切りにして、水に10分ほどさらして  あく抜きをする。
③ 牛肉は一口大に切り、しめじは小房に分けてほぐす。 生姜は皮をむいて千切りにする。
④ 深めのフライパンに煮汁(A)の材料と水を入れて、牛肉を手でほぐしながら煮立てる。 ごぼう、しめじ、生姜を加え、蓋をしてごぼうがしんなりとするまで(5分程)中火よりやや弱火で 煮る。

⑤ ④に、水気を切ったお米を入れ、強火にかけてかき混ぜる。

⑥ 沸騰したら、中火よりやや弱火にして蓋をし、20分炊く。
⑦ 火を止めて、5分蒸らしてできあがり。
⑧ 器に盛り、大葉の千切り(またはあさつき)を散らす。

今回は、ボリュームのある秋らしい炊き込みご飯のメニューをご紹介しました。
一つのフライパンで手軽にでき、冷めても美味しい炊き込みご飯なので、お弁当にもぴったりです。
シンプルな材料ですが、お肉とお野菜のだしが出て、どこか懐かしい炊き込みご飯ですので、ぜひこの時期、お試しください。
ごぼうは少し手間ですが、水にさらしてアクを抜くと、仕上がりが良く、美味しく出来上がります。
お米を入れた後、沸騰したら、ごく弱火にしないと焦げ付いてしまいますが、仔犬印の深型フライパンはセラミックコーティングが施されているので、中火に近いやや弱火でもふっくら美味しく焦げ付かずに炊き上げることができます。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る