ブログ

鶏そぼろとわけぎのご飯/里芋とキノコのブルーチーズ味噌炒め

【材料】4人分

鶏ももひき肉…200g
砂糖…大さじ2/3
酒…大さじ1・1/2強
濃い口醤油…20ml
みりん…20ml
塩…ひとつまみ
米…2合
わけぎ…2本
栗の甘露煮…2個【茶飯風ご飯のだしベース】
水…360ml
酒…大さじ2
薄口醤油…大さじ2
昆布(5㎝角)…1枚

 【作り方】

① 米はといでザルにあけ、30分程置いておく。
② 炊飯器に①を入れ、だしベースを入れて炊いておく。

③ フライパンにひき肉を入れて炒める。ちょっと色が変わったら砂糖、塩を入れて炒めていく。 次に酒を入れてアルコール分をとばし、醤油、みりんを入れてパラパラになるまで煮詰める。

④ ②の炊き上がったご飯に④とわけぎの2/3量を加え、少し蒸らす。   小さめに切った栗の甘露煮を入れて、全体を良く混ぜ合わせる。 残りのわけぎを散らして出来上がり。

里芋とキノコのブルーチーズ味噌炒め

【材料】4人分

里芋…5個(皮付き200g)
しめじ…1p

A
ブルーチーズ…40g
味噌…55g
酒…大さじ1・1/2

塩…適量
こしょう…適量
みりん…小さじ2
サラダオイル…適量
青ねぎ(小口切り)…1本

【作り方】

① 里芋はしっかりと洗い、ラップに包んで600Wのレンジで2~3分加熱する。 火が通ったら皮をむき、一口大に切っておく。

② 温めたフライパンに油をひき、小房に分けたしめじを加えて炒める。 塩少々で味を付ける。

③ しめじにしんなりと火が通ったら①の里芋を加え、ザッと混ぜ、  Aを加えて塩こしょうで味を整える。     少し焦げ目がつくぐらい、炒めた方が美味しいです。

④ 皿に盛り、青ねぎを散らし、出来上がり。

今回のレシピは、炊き込みご飯ではなく、混ぜ込みご飯をご紹介します。
混ぜ込みなので、手軽に作れます。
鶏ひき肉は、炒める時に、お箸を5本使って炒めることで、固まりができず、パラパラに仕上がります。
最後にご飯に混ぜこんで仕上げるご飯なので、最後にしっかりと水分を飛ばして少し濃いめのお味に仕上げると、ご飯がべちゃべちゃにならずに、ふっくらと美味しくなります。
冷めてもとても美味しいので、お弁当やおにぎりなどにも向いています。

一緒にご紹介した、『里芋ときのこのブルーチーズ味噌炒め』は、和と洋の組み合わせが絶妙で、普段、里芋ときのこの組み合わせは和風のイメージですが、ブルーチーズと合わせることにより、新しい味になっております。
ご飯のお供というよりは、ワインや日本酒に合う一品ですので、ぜひお試しください。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る