信太康代先生のフライパンレシピ

豚うす切り肉と春野菜のフリカッセ

【材料】4人分

豚うす切り肉…240g
塩、こしょう…少々
薄力粉…大さじ1
オリーブオイル…適量
玉ねぎ…1個
マッシュルーム…8個
バター …25g
白ワイン…50g
薄力粉…15g
牛乳…400g

<お好みの春野菜> 
アスパラガス…3本
スナップえんどう…4本
芽キャベツ…4個
グリーンピース(冷凍)…60g
塩、こしょう…適量
オリーブオイル…適量
パセリ…適宜

【作り方】

① 豚うす切り肉は一口大に切る。塩・こしょうを軽くまぶし、薄力粉(大さじ1)とオリーブオイルも まぶしておく。

② 玉ねぎ、マッシュルームは5mmの薄切りにしておく。
③ 深めのフライパンに①の豚肉を入れて両面を焼く。     豚肉に火が通ったら、一旦取り出しておく。

④ 同じフライパンに、オリーブオイルとバターを入れ、玉ねぎ、マッシュルームを加えて しっかりと炒める。その後、白ワインを加え、フライパンのうま味をこそげ取ながら 1~2分火にかける。

⑤ ④に、ふるった粉(15g)を加えて弱火で炒める。     牛乳を加えて、とろりとするまでひと煮立ちさせる。

⑥ ⑤フライパンに、③の豚肉を入れて蓋をして弱火でひと煮立ちさせる。

⑦ お好みの春野菜を耐熱皿に並べ入れ、塩、こしょうとオリーブオイルをかけて  ラップをして電子レンジで約2分加熱し、⑥の鍋に加える。

⑧ 皿に、バターピラフ、⑦を盛り付ける。パセリを散らして出来上がり。

【オレンジのバターピラフ】

【材料】4人分  

ご飯…1合分
バター…10g
オレンジの皮のすりおろし…適量

【作り方】

① 炊き上がったご飯に、オレンジの皮のすりおろし、バターを加えて混ぜ合わせる。

フリカッセは、「白い煮込み」という意味なので、焦げつかずに白いソースに仕上げるのがポイントとなります。
短時間でひと鍋で簡単にできる煮込みものとなっております。
お肉を炒める際には、粉がまぶしてあり、少し焦げ付きやすいので、弱火で炒めるのがポイントです。
今回は、短時間でひと鍋で仕上げるために、お肉は豚の薄切り肉を使用していますが、骨付きの鶏肉などを使っていただいても出汁が出て美味しく仕上がります。その際、蓋をして10~15分煮込んでください。
トッピングにのせたお野菜は、お好みで春野菜をのせていただくと彩りがきれいになります。
バターライスは、炊き上がったご飯に、バターとオレンジの皮のすりおろしを混ぜ込むだけでいつもとひと味違うご飯になりますので、ぜひお試しください。
オレンジの色と香りが、春の香りを運んできます。

信太康代

スーパーセラミックコーティング深型フライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る