信太康代先生のフライパンレシピ

タルティーヌ2種

チーズと卵のタルティーヌ~くるみとレーズンのパンで~

【材料】4人分

くるみとレーズンのパン…4枚
卵・S~M玉…4個
グリエールチーズ(またはパルミジャーノチーズ)すりおろす…50g
ハム…40g
粒マスタード…小さじ2
バター(室温でやわらかくする)…30g
塩、こしょう…適量

【くり抜いたパン用】
チョコレート適宜
バナナ適宜

【作り方】
① パンは1㎝厚さにスライスして、セルクル(直径5.5㎝)で丸く抜いておく。
バター(分量外)をうすくぬっておく。

② ボウルにバターを入れてハンドミキサーでかるく混ぜ、マスタードも加え混ぜ、すりおろしたチーズ、棒状に切ったハム、塩こしょうを入れてよく混ぜておく。

③ フライパンに①のパンをのせ、穴を開けたところに卵を割り入れ、②をパンにのせ、230℃に温めておいたオーブンで5~6分加熱して出来上がり。

※①でくり抜いたパンの上にチョコレートをのせて一緒にオーブンで加熱し、焼き上がったところにバナナの輪切りをのせる。

牛肉の照り焼きとアボカドのピリ辛タルティーヌ

【材料】4人分

パン…4枚
牛肉1…00g
塩、こしょう…適量

A
醤油…小さじ3
みりん…小さじ3
酒…小さじ1・1/2
砂糖…小さじ2/3
おろしにんにく…小さじ1/2

アボカド…1個
レモン汁…小さじ1
マヨネーズ…20g
サラダ菜…4枚
バター…適量
粒マスタード…適量
香菜…適宜
ハラペーニョ(刻む)…1/2本分
ライム…適量

【作り方】
① アボカドをフォークで潰し、レモン汁、マヨネーズを加えて混ぜる。

② Aの調味料をボウルに入れ、混ぜ合わせる。牛肉は5㎝幅にカットし、塩、こしょうをふる。
フライパンで牛肉を焼いて一旦取り出す。同じフライパンにAを加えてひと煮立ちさせ、とろみがついたら取り出した肉をフライパンに戻しからませる。

③ パンに、バター、粒マスタードをぬり、サラダ菜、②のアボカド、牛肉の順に盛り付ける。
お好みで香菜、きざんだハラペーニョを添えてライムを絞っていただく。

今回は、パンを使ったフランスのオープンサドウィッチをイメージしたタルティーヌを2種類ご紹介しています。
ちょっとしたブランチにこちらとスープを添えていただければ、おしゃれなメニューのできあがり。
パンをくり抜いてつくる、「チーズと卵のタルティーヌ」は、ドライフルーツとくるみが入ったちょっと甘めのパンを選ぶと、チーズやハムとの相性がとてもよいです。真ん中のくり抜いた丸いパンには、チョコレートをのせ、ちょっと溶けたところで輪切りのバナナをのせて召し上がってください。こちらも止まらない美味しさです。
オーブンに入れられるフライパンなので、焼き上がったらすぐに熱々をテーブルでいただくことができます。フライパンにのせて焼くので、パンがカリカリに、また卵はとろとろの半熟に仕上がるのも特徴です。
「牛肉の照り焼きのタルティーヌ」は、醤油の甘辛味の牛肉とアボカドがとても合います。
さらに、ライムをしぼり香菜とハラペーニョ(青唐辛子の酢漬け)がこれからの季節にピッタリの食欲をそそるタルティーヌになっています。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る