信太康代先生のフライパンレシピ

さばときのこの炊き込みカレーピラフ

【材料】4~5人分

米(洗ってザルあげしておく)…2合
カレー粉(さば用)…小さじ1/2
オリーブオイル…大さじ1
白ワイン…大さじ2
塩さば(灰干しまたは天日干し)…200g
玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
にんにく(みじん切り)…1かけ
しめじ(小房に分けておく)…1/2株
マッシュルーム…(1/4カット)85g
バター…10g
オリーブオイル…10g
カレー粉(炊き込み用)…小さじ2
塩…小さじ1/2

A
コンソメ…1/2個
水…330g
しょうゆ…小さじ1

レーズン…40g
青ねぎ…適宜
大葉…適宜
レモン汁…適宜
アーモンドスライス(ローストしておく)…適宜

【作り方】

① さばは4~5㎝長さに切っておき、カレー粉(小さじ1/2)を両面にまぶしておく。

② フライパンにオリーブオイルを熱し、両面こんがりと焼いて白ワインをまぶして蓋をする。
中火よりやや弱火にし、5分ほど蒸し煮にしておく。
その後汁ごと取り出しておく。

③ ②のフライパンにバターとオリーブオイルを熱し、にんにくと玉ねぎを入れ、しんなりと透き通ってくるまで炒めておく。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ03
④ 次に小房にしておいたしめじと、1/4に切ったマッシュルームを加えて更に炒める。
塩ひとつまみとカレー粉(小さじ2)も加えて、しんなりとするまで炒める。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ04
⑤ ④に米を入れてさらに軽く炒める。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ05
⑥ 600wのレンジで1分程温めておいたAのブイヨンと醤油を加え混ぜる。
沸騰してきたら火を弱め、蓋をして中火よりやや弱火にし、20分で炊き上げる。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ06
⑦ 炊き上がったら火を止めて、この上に②のさばをのせて5分程蒸らして出来上がり。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ07
⑧ 全体をよく混ぜてレーズンも加えてよく混ぜておく。
さばときのこの炊き込みカレーピラフ08
⑨ 皿に盛り、青ねぎや大葉をのせ、ローストしておいたスライスアーモンドものせ、
レモンを絞っていただく。

さばは、生のものではなく、手軽で使える塩さばの干物(今回は灰干し)を使っているので、程よい塩味でピラフの味が引き締まります。
また、塩さばは生よりも臭みを感じず、美味しく出来上がるかと思います。

さらに、さばにカレー粉をまぶすことによって、臭みもとれて食べやすくなります。
白ワインでふっくらと蒸し煮にしたさばを、ご飯が炊き上がった後に入れているので全くさばの臭みを感じなく美味しく召し上がっていただけます。
この時季ならではの、きのことさばの組み合わせで秋の味覚を楽しんでください。
いつものご飯メニューのバリエーションの一つとしてぜひトライしてみてください。
仕上げに混ぜるレーズンやアーモンドスライスの甘さがピラフの味を引き立てるので、トッピングしていただけると美味しく召し上がっていただけますので、ぜひお試しくださいね。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る