信太康代先生のフライパンレシピ

ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~なすのファルシ添え

ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~

【材料】

牛もも塊肉…400g
<下味>
塩…小さじ1/2
黒こしょう…小さじ1/2
ローズマリー(ちぎる)…1本
はちみつ…小さじ1/2
オリーブオイル…小さじ1
アルミホイル30×30cm…1枚
<バルサミコソース>
バルサミコ酢…大さじ2
水…大さじ2
肉汁(できあがったローストビーフから取る)
砂糖…小さじ1/4
塩…小さじ1/8
黒こしょう…少々
バター…8g

【作り方】
① 牛もも肉は室温に30分以上戻しておく。
② 牛肉に下味を揉み込む。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~01
③ フライパンにオリーブオイルを熱し、牛肉の全面を香ばしく焼く。中火で肉の表面全体を8分くらい加熱する。
※フライパンは洗わずにソースに使用する。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~02
④ 天板の上に大きめのアルミホイルを置き、その上に牛肉をのせてオーブンで焼く。(電気・200℃ 15分~18分、ガス・180℃ 15分~18分)
※肉は、アルミホイルで覆わず、開いた状態でオーブンに入れる。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~03
⑤ 焼き上がった牛肉をアルミホイルで包み、オーブンの上などの温かいところに置き、15~18分ほど蒸らして中まで火を通す。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~04
⑥ 粗熱が取れたら薄く切り、肉汁をソースに使用する
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~05
⑦ バルサミコソースを作る。肉を焼いたフライパンにソースの材料を入れ、中火にかけて少しとろみが付くまで3分ほど煮詰める。
バターを加えて完成。(仕上げに醤油を加えてもおいしい)
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~06
⑧ なすのファルシを添えていただく。

なすのファルシ

【材料】

なす…2本
オリーブオイル…小さじ1×2
(なすの外側焼く用)
(なすの中身焼く用)
【なすの中身】
アンチョビペースト…小さじ1
塩…少々
黒こしょう…少々
マヨネーズ…小さじ1
生クリーム…小さじ1
【香草チーズパン粉】
パン粉…大さじ2
粉チーズ…小さじ2
パセリ(みじん切り)…小さじ1/2
オリーブオイル…小さじ2
プチトマト…2個

【作り方】
① なすは縦半分に切り、中身をくり抜く。中身は粗みじん切りにしておく。

② フライパンにオリーブオイルを熱し、なすの器(くりぬいた外側)を、両面2~3分こんがりと焼く。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~07
③ 同じフライパンにオリーブオイルを熱し、なすの中身、アンチョビを加えさっと炒め、塩、黒こしょうを振り、ボウルに取り出す。
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~08
④ 粗熱が取れたらマヨネーズ、生クリームを加え混ぜる。なすの器にフィリングを詰め、香草チーズパン粉を載せて、プチトマトと一緒にオーブンで焼く。(電気・200℃ 15分、ガス・180℃ 12分)
ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~10ローストビーフ~バルサミコ酢ソース~09

肉は、オーブンの上などの温かいところでアルミホイルで包んでしばらく置いておくと、かなりたっぷりと肉汁が出てきます。その肉汁を残さずソースに使うので、とてもコクがあり、美味しいおソースが出来上がります。
ソースは、お好みで、バルサミコと相性の良いお醤油を小さじ1~2ぐらい加えると、白いご飯にも合うソースになるのでおすすめです。
こちらのローストビーフにピラフなどを添えていただくと、クリスマスのおもてなしにぴったりです。
フライパンで表面を焼くポイントは、火加減と時間を守っていただければ写真のようなミディアムレアなローストビーフが仕上がります。
お肉を選ぶときは、細長いものよりも、各面が同じ形(太さ)になっていると、ムラなく良い色合いに仕上げることが出来ますので、なるべくそういうお肉を選んでいただくと良いです。
添えたなすのファルシは、アンチョビを入れましたが無い場合はマヨネーズとツナ缶にしても、とても相性がよくボリュームも出るので、こちらもおすすめです。ローストビーフと合うので、ぜひ一緒に作ってみて下さい。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る