信太康代先生のフライパンレシピ

キエフ風カツレツ

キエフ風カツレツ

【材料】22㎝のフライパン1台分(4人分)

鶏胸肉…120g×4枚
塩…少々
こしょう…少々
無塩バター…4g×4本
イタリアンパセリ…大さじ1
スライスチーズ…4g

薄力粉…大さじ2
卵…2個
パン粉…60g

サラダオイル…適宜
付け合わせサラダ…適宜
レモン…1/2個
岩塩…少々
オリーブオイル…小さじ4

【作り方】
① パン粉は、フードプロセッサーで細かくしておく。
② バターは長さ4~5㎝の棒状に切っておく。
③ イタリアンパセリは洗って水気を取り除き、みじん切りにしておく。
④ スライスチーズにバターとイタリアンパセリを乗せ、包んで巻いておく。
キエフ風カツレツ①キエフ風カツレツ②
(チーズで巻いた後は、使う直前まで冷蔵庫に入れておくと良い。)
⑤ 鶏胸肉は余分な水気、脂肪、皮を取り除き切り込みを入れて厚みをそろえておく。
キエフ風カツレツ③
⑥ ラップの上から、すりこ木やビンなどでたたいて薄くのばし、塩こしょうで味を付ける。
キエフ風カツレツ④
⑦ 鶏胸肉に④のチーズで巻いたバターを乗せ、きっちりと包んでおく。
キエフ風カツレツ⑤キエフ風カツレツ⑥
⑧ Aの薄力粉、溶き卵、パン粉の順に液を付け、溶き卵、パン粉の順にもう一度ずつ液を付け、形を整える。
キエフ風カツレツ⑦
⑨ 170℃位の油に入れ、温度を徐々に上げながら7分位揚げる。バットに取出し、油を切る。
キエフ風カツレツ⑧
⑩ 皿に、付け合わせのサラダを添えて、カツレツを盛り付け、レモン(くし切り)を飾る。

キエフ風カツレツは、ロシアの家庭料理ですが、何かのお祭りごとなどのときに作られるとてもポピュラーなお料理です。
今回は、揚げているときにバターが飛び出さないように衣を二度づけしているのと、角切りにしたバターとパセリをスライスチーズであらかじめ巻いておくと、じっくり温度を揚げながらこんがりきつね色に焼き上げるのに、難しくなくできるようにしています。
バターは冷蔵庫で冷たくしておき、スライスチーズは室温で柔らかくしておくと包みやすいです。
溶き卵とパン粉を二回付けて少し厚めの衣にするとサクッとジューシーに揚げ上がります。
ロシアでは、フライドポテトや粉ふき芋やマッシュポテトなどポテト料理を付合わせにすることが多いのですが、今回はさっぱりとベビーリーフでお野菜たっぷり添えました。
カツレツには、レモンよ岩塩を振るとさらに美味しくいただけます。

信太康代

スーパーセラミックコーティングフライパンの商品ページはこちら→

igrek shidaホームぺージ↓igrekshida_bnスーパーセラミックコーティングフライパンレシピ一覧はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る